2014年06月04日

クラシックのコンサートに行ってみた

先だっての24日、ポールのライブが中止になってしまったので、さてどうしたものか・・・。
取り敢えずライブに行かんと気が収まらんっ。

というワケでクラシックに挑戦してみることにした。
クラシックは昨年に行った歌劇「セビリャの理髪師」が初めて。あ〜〜こういう世界もあるんだ。
ワシもガチョ〜〜んとしたのばっか聴いてたらいけんのだな・・・。

今回は兵庫県西宮市の芸術文化センターという素晴らしいホール。

今回は、佐渡 裕が芸術監督を務める「兵庫県立芸術文化センター」専属オーケストラ、HYOGO Performing Arts Center ORCHESTRA(PACオーケストラ)と新進気鋭の若手アーティスト4人が共演する「ドリーム・コンチェルト〜羽ばたく若き演奏家とPAC 夢の共演」。
指揮は川本貢司。コンサートマスターは岩谷祐之。

クラシックコンサートは色々とシキタリというかマナーがあるのだ。

◯ポテチを食べてはいけない。
◯もちろんぼんち揚げもNG。
◯寝ても良いがイビキをかいてはいけない。つーか、いっぱい寝ていた。
◯拍手は最終楽章が終わってから。周りが拍手しだしたら何くわぬ顔で拍手する。
◯ブラボーおっさんが「ブラボー!」と叫んでもイラッとしてはいけない。

この辺りを押さえておけば大丈夫・・・なのか?

プログラム〜

◯ベートーヴェン:コリオラン序曲Op.62
おお。これがクラシックかあ。厳粛な空間に圧倒される。
良いですなあ。

◯モーツァルト:フルート協奏曲第2番K.314(フルート:南部やすか)
おお。これがフルートかあ。気持ちよし・・・。
ここで寝てしまうワシ。

◯メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64(ヴァイオリン:周防亮介)
ここで気を取り直して覚醒。
やっぱヴァイオリンの音色は好きだな。
テクニックなことは判らんけど歯切れがよい。18歳だと。

休憩を入れて

◯ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ギター:松尾俊介)
待ってましたのギター。
すげー上手いなあ。(あたりまえか)
この曲はさすがに知ってた。

◯R.シュトラウス:オーボエ協奏曲ニ長調(オーボエ:大島弥州夫)
オケ団員の対応から、ちょいと格上の人なんでしょうか。
世界一番難しい木管楽器と言われてるらしいオーボエ。
はっきり言ってわからん・・。まったくわからん。


いやはや。文化的な一日でございました。
白目むいて寝てたけどな。

pic_lhall.jpg
posted by winos at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

ポール・マッカートニー2014

さて非難轟々の武道館公演の価格設定。
大騒ぎですな。
ストーンズの5万、6万で行く気が失せたけど、さすがに10万はロックのライブの価格では無いだろう。

完売とか騒いでいるけど、速攻ヤフオクとかにチケットが並んでいるのを見てネットダフ屋が買い占めていると思われ。

そもそも武道館以外での17500円という設定も普通じゃない・・・と思う。
ま、行きたい度合いを測るのに「価格」というのは一番手っ取り早い方法なんだろう。

で、下世話に金の話。

武道館のキャパが13,000人。
平均8万円として80,000×13,000で約10億円。
今回のツアーのポールのギャラが1ステージ平均2億らしいから(すげーな)
残り8億。
機材、メンバーのギャラ、スタッフの人件費・・・

う〜〜〜ん

どないや。ちょいとプロモーター、ボッタクリじゃww



てなワケで、二度と行かない・・・と思っていたのだけど
大阪でのサッカースタジアムでのライブ、ヤフオクで叩き売りですの。


「う・・。定価17500円・・・。12000円ぐらいなら・・・。」
スタンド席だけど、1円スタート、上限12000円で入札したら10000円で落札。

あれま・・・。


東京はわからないけど、大阪は24日ギリギリなら5000円ぐらいで落とせるんではないか?


まあ、これが最後だしよ〜〜〜〜

毎回言ってるけど・・・


201405.jpg
posted by winos at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

jeff beck 大阪2014

先だってのジェフ・ベック、大阪フェスに行ってきた。
というワケで覚え。

拾ったセットリスト

LOADED
NINE
LITTLE WING
YOU KNOW YOU KNOW
HAMMERHEAD
ANGELS FOOTSTEPS
STRATUS
YEMIN
WHERE WERE YOU
EGYPTIAN
PORK PIE HAT/BRUSH WITH THE BLUES
YOU NEVER KNOW
DANNY BOY
WHY GIVE IT AWAY
LED BOOTS
CHORAL
BIG BLOCK
DAY IN THE LIFE
《アンコール》
ROLLIN AND TUMBLIN
CAUSE WE ENDED AS LOVERS

新装してからの大阪フェスは初めて。
うわあ。キレイのんな!夢のようなところだよ。

仕事終わってギリギリに入る。
まわりはほぼ男。むさーーー
しかもおっっさんばっか。いや爺さん・・・。
人のこと言えんけどジェフ・ベックが70歳やもんな・・・。

アルバムもライブも(ゼア・アンド・バックツアーから)すべて追いかけてるけど、相変わらずこのセットリストは予想がつかない。(僕は曲目に関しては事前情報は絶対仕入れず行くことにしている)

ストーンズとポールはお祭りだからしゃーないとして
例えばクラプトンなんぞお約束のレイラ、ワンダフルトゥナイト、コカイン、そしてドミノス時代からちょろっと、プリテンディング辺りから・・・J.J. Cale辺りから・・・と、終わってみれば「ああそう・・」だし

そういう意味でジェフだけは別格ですな。

で、相当アグレッシブなステージだったのだけど、最近歳のせいか集中力が保たない。
途中「あ〜〜〜、今日の晩飯何かな・・・。」とか「どこぞにきれいなおねいさんいないかな・・。」とか。

ああ、もうだめだよ。オレなんかこんなところに居てはいけないよ。


そうそうベースのロンダ。相変わらずの弾けっぷり。フレーズの決め打ちっぷりはさすが。
もう一人のギターの人は、あんまり印象にないな。遠慮してたんだろうか。
参加予定のヴァイオリンのおねいさんは不参加で残念。期待してたのに。

てな感じでした。

急遽発売の記念盤。「yosogai」
ほんに予想外。

YOSOGAI
YOSOGAI
posted with amazlet at 14.05.12
ジェフ・ベック
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-04-05)
売り上げランキング: 1,413


3曲入りで1500円。たけ〜よ
買わないよ

近々新作が出るようなのでそれに期待。

ただラジオでかかってた「WHY GIVE IT AWAY」がやけに耳に残って。
最初、誰の曲か判らなくて、このボーカル、カレン・オー?(Yeah Yeah Yeahs)とか思いながら聴いてたらジェフの新曲だと分かってびっくり!



新作のツアーで、また来るっぽいから、その時はもちろん!!




posted by winos at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(さ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

ヘッドハント

やってもた・・・


ヘッドハント [DVD]
ヘッドハント [DVD]
posted with amazlet at 14.05.07
アメイジングD.C. (2013-04-03)
売り上げランキング: 67,380




なんとなく面白くなさそうだったけど借りてしまった・・。


「SAW」と「CUBE」の出来が良すぎたため、その後量産されるソリッドシュチュエーションスリラーにウンザリしていたのだが、やっぱ借りてしまうのだ。

物語は無理やり(訳あって)監禁された6人が働かされるという話・・・。

1回ミスをするとヒタイに傷をつけられるのだ。
それが5回になるとクビになるのだ。
クビになると言ってもホンマにクビをちょん切られるのだ。
その他、目ん玉とか爪とか痛いことされるのだ。
もうこんな仕事やってられない。

観終わった感想は・・・

ああ・・・もう・・。

・・・まあ意外と良かったのかも。
二番、三番煎じの酷評は覚悟の上で考えたな・・・というシナリオ。
首チョンパはちょっとアレだけど、パワハラもここまでいけば清々しい。

部下を鎖でつないで、ちょいとミスをすれば
「あ〜〜、君はどうしてミスばっかするんだ!私は失望したよ。」とオデコにギリギリと傷を入れる。

良いね!


posted by winos at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

八月の鯨


この映画も名画座のスクリーンで観ることができた。

八月の鯨 [DVD]
八月の鯨 [DVD]
posted with amazlet at 14.05.03
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-06-08)
売り上げランキング: 1,508


あ〜〜。
良い映画を観たなというより良い時間を共有できたなという作品だったが。

20年前に観ていたら退屈な映画だったと思ったかもしれないし、10年前に観ていたら鼻の穴を広げて「生涯の一本だぜっ」と周りに吹聴していたのかもしれない。
そして、おっさんも後半戦を迎えるとなった今、老いるとか死と向き合うとか結構リアルに迫ってきて平常心で観れないのんな。

たぶん気がついたらこの年になっているんだろうなとか、その年になった時、岬に立ち海を眺めることができるんだろうかとか考えてたら落ち込みますぜ。
最近肩が上がらんのよね。
今のうちにおっぱいパブに行っとかないと後悔するぜ。バイクも無理してとっとと買っちゃおうぜ。
映画もあと何本観ることができるだろう。本も何冊読めるだろう。

いろいろ考えるのですわいな。


物語は海辺の古びた家での一日の出来事。リリアン・ギッシュの愛くるしいこと。
ベティ・デイビスは強気で皮肉屋、でも凛として何故か憎めない。
そんな婆さん姉妹の家を訪れる老人たちの物語。

観てない人はそろそろ観ようぜ。


posted by winos at 18:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画(は) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

鉄道員

4コマ漫画の「ののちゃん」の「なんとかならんのか4連休前の3連平」www
いやほんまになんとかならんか。



鉄道員 デジタル・リマスター版 [DVD]
エスピーオー (2009-11-06)
売り上げランキング: 14,796



名画座でやっていたのが「鉄道員」。

あの有名なスチール写真と物悲しいギターのメロディが頭にこびり付いていたので観ていたつもりだったのだが実は観ていなかった。
まさかスクリーンで観ることができるなんて。

勝手に想像していたストーリーは・・・
あの子供が戦後のドサクサでみなし子になって店先からパンをかっぱらい店主に捕まりボコボコにされている所を鉄道員に助けられ少しずつ心を開いていく。

だいたい合ってた。みなし子じゃなくて鉄道員と親子で別に心を閉ざしてなかったけど。

1956年の作品だから58年前。
戦後の厳しい生活が背景のホームドラマ。
職人気質だけど飲んだくれで頑固なオヤジに反目する少年の兄と姉。やさしいオカン。家族はバラバラだけどやがて絆を取り戻して・・・木下恵介アワーではないか。

なんかイタリア人気質って日本人と通じるところがあるんだろうか、と思ったり。
娘役のシルヴァ・コシナがめちゃ美人だよなと思ったり。
その美女も20年前に60歳で亡くなっていたのか・・・とか。

昔の映画をたまに観るのもいいものだ。


しかし今も昔も庶民には厳しい毎日だすな・・・。

posted by winos at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(た) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ケイティー・タンストール

これはもうジョニ・ミッチェルの域に達したのではないか、というくらいブラボーな新作「INVISIBLE EMPIRE / CRESCENT MOON」を聴いていて「やっぱ一度は行ってみよう」と先だってのライブに行ってきた。
今回はソロツアーとのことでアコースティックなライブなのですな。

ビルボードは座って近くから観れるし、なんといっても1ステージ80分程度とおっさんの私には有り難し。
もう2時間も立ちっぱなしなんぞシンドイのんよ。酒は飲めるしトイレまで10秒だし最近トイレの回数多いし夜中に目が覚めるし差し歯は抜けるし。

KTといえばループペダルを使ってのサンプリング&ループ一人バンドがおなじみだけど、今回もピアノパートを入れながら、このスタイル。



オープニングは新作より「Invisible Empire」。たぶん。
次に1stから「Miniature Disasters」と「Other Side Of The World」。たぶん。
ほぼ新作と1st、2nd「Drastic Fantastic」からの選曲。
初のライブ体験だったので、この万遍ない選曲は嬉しかった。3rdからは一曲もやらなかった。

後半「トム・ヨークがどーたらこーたら」と言うておったので、おおレディへから・・・
と思ったらAtoms For Peaceから一曲。サンプリング&ピアノ弾き語りなのでまた違った味わい。

アンコールは新作から一曲とあの曲の大合唱で〆。

やはり小じんまりした会場はダイレクトにアーティストの呼吸が伝わってくるので良いなと思う。
手抜きできないしね。

元々クラシックなスタイルのフォーキーなロックだから自分の好みど真ん中だけど目の前で圧倒的なパフォーマンスを見せられると感動することしきり。

こうなってくるとエレクトロな3rd「Tiger Suit 」の楽曲をバンドセットでガチョーンとやってもらいたい気もする。



Eye to the Telescope
Eye to the Telescope
posted with amazlet at 14.04.28
KT Tunstall
Virgin Records Us (2006-02-15)
売り上げランキング: 20,573

最強の1st。楽曲はシンプルなギターサウンド。
結構泥臭いアレンジなのに音は紛れも無くUKってとこがイイ。
ちょいハスキーなボーカルが心地よい。この人歌ウマイなあ。


Eye to the Telescope
Eye to the Telescope
posted with amazlet at 14.04.28
K.T. Tunstall
Virgin Records Us (2007-08-30)
売り上げランキング: 353,728

1stと2ndの間に作られた当初はネット配信のみだったアコースティックアルバム「Acoustic Extravaganza」。
楽曲は1stの流れをアコギでのんびりリラックスしながら録った感じでこちらまでリラックス。

ちなみにアルバム「Acoustic Extravaganza」はDVDとの2枚セット。
上のアマゾンリンクは「Eye to the Telescope」。
1stの「Eye to the Telescope」とこの「Acoustic Extravaganza」&DVDの3枚セットなのでお得ですぞ。



Drastic Fantastic
Drastic Fantastic
posted with amazlet at 14.04.28
Kt Tunstall
EMI Europe Generic (2007-08-03)
売り上げランキング: 98,018

1stよりロック色が強い。でもやっぱ根底はフォーキーですな。
シンプルなギターリフ曲が多いけど哀愁漂うボーカルとキャッチーでマイナーなメロディが心地良い。
ジャケもサンダーバードにミラーボールで洒落っ気たっぷり。


Tiger Suit
Tiger Suit
posted with amazlet at 14.04.28
Kt Tunstall
Virgin Records Us (2010-09-27)
売り上げランキング: 59,122

3rdアルバムは相当売れ線を狙ったようなエレクトリックサウンド。
キャッチーでノリの良い曲のオンパレードだけど繰り返し聴くとやや飽きるかな。
ライブではよさそう。
「Come On, Get In」のグルーヴなんぞ、まんまプリテンダーズですな。


INVISIBLE EMPIRE / CRESCENT MOON
KT TUNSTALL
VIRGIN UK (601) (XY6) (2013-06-10)
売り上げランキング: 27,312

前作の反動かシンプルで暗い。
ところが聴き込んでいくと病みつき。昔聴いたことのあるような気がするメロディー。
じっと聴いていると風景が浮かんでくるようなアーティストは中々いない。


というわけでKT/LOVE!




posted by winos at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

六甲高山植物園に行ってみた

ああ忙しかった・・・
これで余裕ができたら申し分ないのだけど相変わらず貧乏ヒマなし
といいつつ夜な夜な繰り出しているのだけど
連休はカレンダー通りに休めそう

てなワケで六甲高山植物園に行ってみた
天気良し、連休入り口の土曜日にも係わらず人混みもなし。うしし。

qezUfJoOWv2dYB6mFKVGGht2eD-VzonIv2e-8NLZb8Y.jpg

r_aTSseaO7K-1RQo_0m8pN1WZBwDSBbxRDGOleXoTLU.jpg

mA4yViXiwl63fcePwQ-xbh1IFQGZkTfVs9cqALkkY6Q,03DGYvZwQuXu3yDcyJmR6T6gLZl9vm2bcp1iWonWZhM.jpg

WV6vZwIUzHR2BeR9bmMmAo5tpQ-0LVFDe_21xdk7qeU,KX4t-U2i0uclLwCi-wnQDvc5DusoWKyzne0vf1yAP10.jpg

4jRtKiMMo4_1Kn86TI74KKcBlTsMI-_qoJPTw8VM6dc.jpg

afhNmzx3yhE86PS1BAoduE0ZhDQ5sGx5F6924xAF5mk,hy7gi9U8prEcB1yArIFd2A-IVpKeMUet58UC-eXMwW4.jpg


posted by winos at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

うわ

あーーーもーーー忙しい忙しい
仕事を抱え込むと、ほんにいっぱいいっぱいに

催促の電話が5本ぐらい一気にかかってくるとパニック通り越して変に穏やかな気分になる。

「夕方までにお願いします」「今日中に」「今週中にっ」

はいはい・・・
テンパるとパソでゲームしてみたりyoutube見てみたり

それでは結局なにも解決してないわけで




え?ポール・マッカトニーまた来るの?


posted by winos at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

梅だ梅だ

ああ忙しい。歯医者(差し歯のやり直し)、鍼灸院(肩こり)、内科(花粉、血圧、コレステロール&成人病検査)。歯医者鍼灸院内科歯医者鍼灸院内科。
ああ、爺さん婆さんの気持ちが判ってきた。
そんな時に限って仕事が重なる重なる。&子供とツマがインフル。

そんなわけで梅見に行ってきましたよっと。

万博公園。
太陽の塔見ると20世紀少年て刷り込まれちまったなあ。

2014-03-08-11.55.41.jpg

2014-03-08-11.47.30.jpg

2014-03-08-11.55.18.jpg

2014-03-08-11.57.24.jpg


エージェントライアン見損ねたなあ。

posted by winos at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。